bitbankとは

▼ 目次

仮想通貨について

仮想通貨は最近とても話題になっているもので、とても便利な通貨でもあります。
実際に目に見える通貨ではないのですが、実際に使用することができる通貨となっていますし、また投資を始めるのにもぴったりです。
仮想通貨を利用した投資は最近ではとても話題となっていて注目を集めているものとなります。

投資をしたことがないけれど興味を持っている、初めて見たい、新しいことをやりたいという方におすすめすることができるものになります。
投資が初めての方でも仮想通貨は簡単に始めることができます。
また比較的少額から始めることもできますので、初心者の方も始めやすいという特徴があります。

取引所について

そして仮想通貨を利用するにあたって必要となるものが取引所です。
取引所へ登録を行って、取引所の口座開設を行わなければ仮想通貨を始めることができません。
仮想通貨を購入したり売却したりするといった取引に関しても取引所がなければ行うことはできないのです。
そしてまた仮想通貨にも様々な種類がありますし、取引所にも様々な種類があります。
それぞれの仮想通貨や取引所にはそれぞれのメリットデメリットといった特徴的なポイントがありますので、そういったメリットやデメリットを参考にして仮想通貨や取引所を選ぶとよいでしょう。

おすすめするの取引所 bitbank

おすすめすることができる取引所としてbitbankがあります。
プロ向けの取引所であり、仮想通貨を利用するにあたっての安全性を最大限に考えられています。
セキュリティ対策がとてもしっかりとしていて、安心して利用することができるという大きなメリットがあります。
日本国内の仮想通貨取引所ですから、初心者の方でも安心して利用することができます。
bitbankといえばビットコインが取引できるところというイメージがあるかもしれませんが、ビットコインだけでなくほかにも数種類のアルトコインの取引を行うことが可能な取引所になります。

bitbankといえば取引所は一つではありません。
実は二つの取引所が挙げられます。
一つがbitbank trade、そしてもう一つがbitbankccです。
bitbankTradeはレバレッジを使用したビットコインのFXトレードという位置づけとなっています。
bitbankccについては通常の現物取引でビットコイン以外のコインを取引できるという違いがあります。
初心者の方はまずはbitbankccを利用するようにしましょう。

bitbankccのほかの取引所とは違った大きな特徴的なポイントとして、ビットコイン以外のアルトコインについても板取引を行うことができるというところがあげられます。
板取引とは取引所形式の取引になります。
取引には取引所形式で行う取引と、販売所形式で行う取引がありますが、販売所形式で行う取引の場合は手数料がかなり高いんです。
取引をするたびにかかってくる手数料が高いとなると、どうしても負担が大きくなってしまいます。
ですから少しでも安い手数料である取引所を選ぶことは大切ですし、また販売所形式ではなく取引所形式で取引を行うことができるというのはとても大きなポイントとなります。

アルトコインについては販売所形式でしか取引をすることができないというところも多いので、ビットコイン以外のアルトコインも取引所形式で取引を行うことができるbitcoinccはおすすめです。
気になっているけれど大きなお金を使うのは怖いという方も多いと思うのですが、bitcoinccであれば1円未満という単位からお試しで購入できるというメリットもあります。
パソコンやスマートフォンから24時間いつでもどこでも手軽に投資が楽しめます。
bitbankccで取り扱っている仮想通貨としては、人気の高いメジャーな仮想通貨が多いです。
取り扱っている仮想通貨としては、ビットコインを始め、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコインがあります。

それからまたbitbankccの何より特徴的なメリットとしては取引手数料がマイナスになるケースがあるということです。
ビットコインの板取引による取引の際の手数料のみとなっているのですが、手数料がマイナスになっているので、取引を行うたびにかかるはずだった手数料が、むしろボーナスとしてもらうことができるようになっているんですね。
とても魅力的でおすすめポイントです。

bitbankccとbitbanktradeがあると先ほど記載しましたが、この二つをうまく使い分けることによってより仮想通貨による投資を楽しむこともできることでしょう。
それからまた取引所は一つだけしか利用してはいけない、一つだけしか利用することができないというわけではありません。
複数の取引所を利用することができるんですね。
取引所によってメリットやデメリットがあることかと思いますから、それをうまく活用して、使い分けることができるとよりよいでしょう。