bitbankのデメリットとは

bitbankは仮想通貨の取引所の一つです。
その中でも特に手数料がかかるどころかマイナスだったり、アルトコインの板取引が可能だったり、また他にもセキュリティ性が非常に高くて安全に利用することができるといったようなメリットがたくさんある仮想通貨の取引所となっています。
ですがそんな利用することでメリットばかり得ることができるように感じるbitbankにもデメリットはあるのでしょうか。

デメリットとしてあげられるものには、少し利用されているユーザー数が少ないということが挙げられます。
取引所において重要となってくることの一つとしてユーザー数が挙げられます。
やはりユーザー数は多い方がいいんですね。
ユーザー数が多いとその分取引の量も多くなります。
ですから仮想通貨の取引が行いやすい、仮想通貨の取引をすぐに成立させることができるというメリットがあります。
ですがビットバンクの場合ではユーザー数が比較的少なくなっているため、その分取引の量も少なく取引が成立しにくいというデメリットが発生してしまいます。
指値を入れて自分の希望の相場によって注文を出したとしてもなかなか成立せず、取引がスムーズにいかないということが多く発生する可能性があります。

ですがユーザー数が少ないということがデメリットばかりというわけではありません。
ユーザー数が少ないことで得られるメリットもあります。
それは、取引所への登録、口座開設を早く行うことができるということです。

口座を開設して取引ができるようにするためには本人確認を行う必要があります。
本人確認書類を提出して、確認をしてもらって確認が取れれば取引の開始ができるのですが、ユーザー数が多い取引所の場合ではこの本人確認に時間がかかってしまい、取引ができるようになるまで時間がかかってしまうというデメリットがあります。
早く取引を行いたいのになかなか取引ができないという方も多くいらっしゃいます。
その点bitbankではユーザー数が比較的少なくなっているため、本人確認を行うのに手間取りません。
比較的早い日数で取引を開始することができるようになります。

それからまた他のbitbankを利用する際のデメリットとしてあげられることとして、スマートフォンアプリがないということがあります。
スマートフォンで利用する場合、アプリがないのでウェブサイトで取引を行うことになりますので、少し使いにくいというデメリットがあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA